B型肝炎というウイルス性の病気があります。

こちらはB型肝炎ウイルスが感染してしまうことによって引き起こされる病気のことです。

日本でB型肝炎ウイルスが知られるようになったのは、過去に集団感染が起きてしまうという事態が生じたからです。

これは予防接種の際に注射器を使いまわしていたために起きてしまったことです。

これによって、ある年代の子供達の多くが感染症の危険にさらされていたことが分かりました。その中でもB型肝炎のウイルスに感染してしまった人はたくさんいるのです。

B型肝炎ウイルスの厄介な点の一つとして母子感染があります。子供が生まれる際には産道を通るのですが、その際には血液を介して子供にまでウイルスが感染してしまうのです。B型肝炎ウイルスに感染している母親から子供へとウイルスが伝わってしまい、子供にまで被害が及んでしまうのです。

B型肝炎ウイルスというのはすぐに深刻な症状が出るわけではありません。現在は薬物療法によって多くの方は健康に生きられるようになっています。しかし、中には肝がんや肝硬変になってしまう方もいます。すでに死亡している方もいます。

これらの被害は明らかに国の不手際の責任であるため、集団訴訟が行われました。その結果として、国は給付金を支給することになったのです。この給付金を得るためには国を訴訟しなければいけません。それは自分でできるのか、どのようにして行えば良いのかをこちらで紹介しましょう。

参考元…B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所