B型肝炎の訴訟については自分で行うことも不可能ではありません。しかし、それはとても大変なことです。提訴を自分一人でするためにはとても労力がかかってしまうでしょう。

まず自分が提訴できるだけの条件があるのかを調べる必要があります。

さまざまな書類を準備しなければいけません。書類に不備があれば認められないでしょう。書類を準備するだけではなくて、提訴をして、和解交渉をして、和解に至るまでさまざまな手続きがあります。それぞれ法的な意味をしっかりと理解しなければいけません。

素人にはなかなか難しいことでしょう。書類の準備については行政書士や司法書士の力を借りるということも可能です。

この場合は弁護士に依頼をするよりも費用が安くなります。書類の作成をこれらの専門家に任せて、提訴をしたあとのことを自分でするという方法もあります。しかし、書類の準備以外にも面倒なことはたくさんあるため、自分で行うのはとても大変でしょう。

特に仕事をしていたり、家事をしなければいけないような方の場合は、負担がとても大きいです。そのため、自分で提訴をするのではなくて、弁護士に代理人として行動してもらうのが一般的となっています。

給付金訴訟は特定の条件を満たしている必要があるため、その判断を含めて弁護士に頼むのです。