B型肝炎で訴訟をするためには自分が給付金をもらえる条件を満たしている必要があります。まずは一次感染者の方です。

この方は対象期間内に集団予防接種を受けており、それによってB型肝炎ウイルスに持続感染したことを証明しなければいけません。期間は昭和23年の7月1日から昭和63年の1月27日となっています。

症状を発症していないキャリアの方も対象となっています。

上記の期間というのは注射器の使い回しが行われていた期間であり、この期間に予防接種を集団で受けたならば、誰でも感染者になりうる可能性があります。そのため、ひょっとしたら自分も感染者となっている可能性もあるのです。

きちんと検査を受けておきましょう。また、二次感染者の方も訴訟をすることができます。これは母子感染をしたケースです。母親が一次感染者であり、そこから母子感染をしたことが要件となっています。さらに遺族の方も対象となっています。

一次感染者や二次感染者がB型肝炎が原因となって亡くなっているならば、その相続人の方にも給付金を請求する権利があるのです。

このようにさまざまな要件が定められているため、自分で確認するだけではなくて弁護士にも相談をしてチェックしましょう。